土地探しのポイント

3人家族の私は今年で35歳。 そろそろマイホームが欲しいなと夫と話し合っています。 話し合う度に盛り上がるマイホーム話。 夢はどんどん膨らむけれど、何から始めたらいいんだろう。 まずは、土地ありきということは何となく分かるけれど、 どんな土地を探したらいいのかな? 将来の事も考えて後悔しない土地選びをしたいな。

良い土地に出会う為の7つのポイント!

マイホームにはまず「土地」が必要。 土地探しは家づくりにとってとても重要です。 土地は一度購入すると、別の土地を購入しない 限りは差し替えのきかないものです。 納得のできる土地に巡り合う為に必要なポイントをご紹介します。

ポイント1:土地に求める条件を挙げる

土地を探す際、予め条件を具体的に決めておくことは重要なポイントです。
ご自身やご家族にとってどのような条件が良いのか、どのような暮らしを求め、 逆にどのような条件は避けたいのかを具体的にすると良いでしょう。
この際、もちろん予算についても考えておきましょう。
また、今の状況と数十年後の状況はきっと大きく変わっているでしょうから、 少し先の未来、ずっと先の未来のことも視野に入れながら考えると良いでしょう。
とは言っても、あまり先の事を考えすぎるのも禁物です。

実際に書き出してみる

ポイント2:条件に優先順位をつける!

土地に求める希望の条件をピックアップしたら、優先順位をつけましょう。
希望条件を絞りすぎると、なかなか良い土地に巡り会いにくい場合もあります。
また条件が少なすぎても選ぶのに苦労してしまいます。
ある程度妥協できる希望条件も考えながら具体的な条件を出すと良いでしょう。

ポイント3:気になる土地はすぐに確認!

その土地をチェックしているのはあなただけではありません。
また、その土地の状況は日々変化しているのです。
気になる土地を見つけたら、不動産会社に連絡しましょう。
その際、似たような条件の土地を扱っていないか聞いてみると、 他に良い物件があるかもしれません。

気になるエリアの相場も予め確認しておくことも重要です。
エリア内の相場よりも高い町には、おそらく好条件の要因があるはずです。
逆に相場よりも安い町には、それなりの要因があると思いますが、 その条件はあくまでも一般論として捉えることも大切です。
ご自身の条件に合っているかどうかを判断することが大切です。
また、相場を知ることでより具体的な予算を設定することができます。

こんな物件は相場よりお高くなりがちです。

ポイント4:自分で土地を確認する(土地の条件を把握する )

気になる土地を見つけたら、その土地の状況を自らの足で確認すると良いでしょう。
その際、曜日や時間や天気も踏まえて数回足を運ぶと、よりその土地の状況を知ることができます。閑静な住宅地でも、抜け道になっていたりして、夜間はトラックが多く走っていたり…ということもよく聞きます。
また、実際に使う交通機関の状況や、周辺のお店や病院などの確認をし、その土地の生活をイメージした観察も大切です。

チェックシート

ポイント5:土地の法律による制限を理解しておく

土地の法的制限は早めに知っておいた方が良いでしょう。
良い土地が見つかっても、思い通りの間取りで家が建てられるかどうかは この法的規則に準じているかどうかで判断しなければいけません。
全面の道幅や用途地域によって制限される場合もあるので、 予め知っておきましょう!
もちろん不動産会社に頼む事で調査してくれます。

ポイント6:業者を探す

不動産業者に確認する際は、その土地の良いところ、悪いところをの説明を聞いてみてください。
最近は、ホームページなどで業者を探される方も大変多くなっています。
気に入った土地が複数絞れたものの、迷ってしまったり 土地がなかなか決まらない場合も、一度、専門家にご相談してみると良いでしょう。

不動産会社は土地に関してのプロ集団です。 良い土地の情報はもちろん、法的制限についての情報も持っています。 土地探しは、早い段階から不動産会社と一緒に進めていくと、 スムーズに進めることができます。 気に入った土地があったら、迷わず不動産会社に相談しましょう! また、家のイメージも予め伝えておくと、 より具体的な提案をもらえるかも知れませんよ?

ポイント7:出会いは大切。「良い」と思ったら早めの決断を

ご自身の条件の中に当てはまる 良い物件があったら迷わずご決断を。

ご予約はこちら

411

売主様のご要望で一般には公開していない「非公開物件」を会員様だけに限定公開しています。

非公開物件を見るなら今すぐ!「無料会員登録」


ページの先頭へ

Copyright © ホームライフ . All Rights Reserved.